産経WEST

中国漁船を拿捕、船長を現行犯逮捕 漁獲量過少記載の疑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国漁船を拿捕、船長を現行犯逮捕 漁獲量過少記載の疑い

 九州漁業調整事務所(福岡市)は6日、漁業主権法違反(操業日誌不実記載)の疑いで、中国の底引き網漁船を拿捕し、船長の王青富容疑者(49)を現行犯逮捕したと発表した。漁船の関係者が担保金の支払いを保証する書面を提出したため、4日に釈放した。

 逮捕容疑は3月2日と3日、長崎県・五島列島沖の排他的経済水域(EEZ)で取ったタイなどの量565キロを、日誌に162キロ少なく記載した疑い。

 漁船はEEZでの操業許可を国から得ており、水産庁の取締船が立ち入り検査して発覚した。

「産経WEST」のランキング