産経WEST

鳥取砂丘に「オアシス」出現 ボートも浮かぶ巨大な水たまりの謎

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥取砂丘に「オアシス」出現 ボートも浮かぶ巨大な水たまりの謎

鳥取砂丘で例年より大きくなった「オアシス」=5日午後、鳥取市 鳥取砂丘で例年より大きくなった「オアシス」=5日午後、鳥取市

 鳥取市の鳥取砂丘で、例年より大きくなった「オアシス」が話題だ。訪れた市民や砂丘近くの観光業者らも「普段の2~3倍はありそうだ」と珍しがっている。

 「オアシス」の正体は、砂丘の地下水が湧き水となってできた水たまり。鳥取市では2月に90センチを超える積雪があり、地下水の量が増えたため巨大化したとみられる。鳥取県砂丘事務所が今月1日にボートを浮かべて計測したところ、深さは最大で1・37メートル、面積は約5500平方メートルだった。

 観光客が写真を撮ったり、中に足を入れてみたりと人気を集めている。兵庫県神河町の理学療法士、田中慧さん(28)は「空と砂の色が混ざったようでとても幻想的。ずっと眺めていられます」と驚いていた。

「産経WEST」のランキング