産経WEST

【エンタメよもやま話】スマホのデータ見せねば手錠&拘束! 同盟国・日本人も…トランプ氏高笑い、米空港での入国禁止の実態

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
スマホのデータ見せねば手錠&拘束! 同盟国・日本人も…トランプ氏高笑い、米空港での入国禁止の実態

米ロサンゼルスの国際空港で不当な調べを受けた米カリフォルニア州アナハイムに住む電子機器販売業のヘイザム・エルシャカウィ氏(34)=2月18日付のAP通信の原稿を引用したカナダのニュースサイト、ザ・スター・ドットコムより 米ロサンゼルスの国際空港で不当な調べを受けた米カリフォルニア州アナハイムに住む電子機器販売業のヘイザム・エルシャカウィ氏(34)=2月18日付のAP通信の原稿を引用したカナダのニュースサイト、ザ・スター・ドットコムより

■“国家秘密”NASAスマホのパスワードを

 もう1人、米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL、米カリフォルニア州パサデナ)の科学者、シド・ビカナーヴァー氏も今年の1月、エルシャカウィ氏と同様の不当な調べを受けました。

 米のニュースサイト、ザ・ヴァージが2月12日に伝えた話を米の主要メディアが引用したのですが、ビカナーヴァー氏は1月15日、趣味である太陽光発電のレースに出場するため、南米チリに行き、チリのチームの一員としてパタゴニアでのレースを楽しみました。

 そして1月30日、チリのサンチアゴ国際空港から米テキサス州ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港に到着します。ところがここでCBPの職員に、自分が所持していた携帯電話の番号と、その携帯電話のPINコード(ロック解除のための暗証番号)を教えるよう強要されました。

 しかし彼はこの携帯電話がNASAから支給された仕事用の電話であるため、職員の要求を拒否し、拘束されました。彼は仕方なく職員の要求に応じ、4日後、米への入国が許されました。彼によると、職員は彼の携帯電話のデータなどをいろいろ調べた後、彼に返したと言います。

 みなさん、もしも自分が米に旅行に行き、空港の入国審査でこんな目にあったらどうしますか?

 当然ながら米では、警察官といえども、捜査令状がなければ犯罪の容疑者とおぼしき人物であったとしても電話の通話内容やスマホのデータなどを調べることはできません。

え?えっ? ツイッター、フェイスブックなど、SNSログイン情報も明示させ

関連ニュース

「産経WEST」のランキング