産経WEST

全国最大級の一辺約70メートルの巨大方墳と確認 640年ごろ築造か 「舒明天皇の初葬墓の可能性強まる」樫考研

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


全国最大級の一辺約70メートルの巨大方墳と確認 640年ごろ築造か 「舒明天皇の初葬墓の可能性強まる」樫考研

 古墳上に養護学校(右下の建物群)が立つ、奈良県明日香村の小山田古墳。上方は甘樫丘地区の丘陵地=1月  古墳上に養護学校(右下の建物群)が立つ、奈良県明日香村の小山田古墳。上方は甘樫丘地区の丘陵地=1月

 舒明(じょめい)天皇の初葬墓「滑谷岡(なめはざまのおか)陵」とされる奈良県明日香村の小山田(こやまだ)古墳(方墳、7世紀中頃)の南端部で横穴式石室の羨道(せんどう)が見つかり1日、橿原考古学研究所が発表した。これまでの調査結果と合わせ、一辺約70メートルという全国最大級の巨大方墳と判明。築造も舒明天皇崩御(ほうぎょ)の時期(641年)に近い640年ごろとわかり、橿考研は「舒明天皇の初葬墓である可能性が強まった」とみている。

 羨道は古墳の南入口から石棺を置いた玄室(げんしつ)に通じる墓道で、今回見つかった羨道は幅約2・6メートル。羨道側石の基底石の抜き取り穴や、石組みの排水溝(幅約20センチ)などが確認された。

 小山田古墳では平成27年1月、榛原石(はいばらいし)と呼ばれる切石で装飾された墳丘北側の基底部と、長さ約48メートル幅約7メートルの濠(ほり)跡が出土。今回の調査で古墳の南北規模が約70メートルと判明した。東西も同規模とみられるという。龍角寺(りゅうかくじ)岩屋古墳(千葉県栄町、一辺約80メートル)には及ばないが、蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳(奈良県明日香村、一辺約50メートル)や、宮内庁が管理する用明天皇陵(大阪府太子町、東西66メートル南北60メートル)などを上回り、全国最大級となる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 全国最大級の一辺約70メートルの巨大方墳と確認 640年ごろ築造か 「舒明天皇の初葬墓の可能性強まる」樫考研
  • 全国最大級の一辺約70メートルの巨大方墳と確認 640年ごろ築造か 「舒明天皇の初葬墓の可能性強まる」樫考研
  • 全国最大級の一辺約70メートルの巨大方墳と確認 640年ごろ築造か 「舒明天皇の初葬墓の可能性強まる」樫考研

「産経WEST」のランキング