産経WEST

「世界の旅」の兼高かおるさん、90歳前に淡路島で特別展 31年間150カ国取材の成果公開

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「世界の旅」の兼高かおるさん、90歳前に淡路島で特別展 31年間150カ国取材の成果公開

番組協賛のパンナム航空の模型を前にインタビューに応じる兼高かおるさん=兵庫県淡路市の観光施設「淡路ワールドパークONOKORO」 番組協賛のパンナム航空の模型を前にインタビューに応じる兼高かおるさん=兵庫県淡路市の観光施設「淡路ワールドパークONOKORO」

 海外紀行の長寿テレビ番組「兼高かおる世界の旅」などで知られる神戸市出身のジャーナリスト、兼高かおるさん(88)が来年2月末に90歳を迎えるのを前に、兼高さんの資料館がある淡路市塩田新島の観光施設「淡路ワールドパークONOKORO」で特別展が始まった。同館を訪れた兼高さんは番組を協賛していた「パンアメリカン航空」の模型を見て「とても懐かしい。感激のひと言に尽きます」と喜びを口にした。

 兼高さんは昭和3年に神戸市で生まれ、米ロサンゼルス市立大学留学後、フリーランスのライターとして活躍。34年に「兼高かおる世界の旅」がスタートし、プロデューサーとディレクター、ナレーターを担当。番組は平成2年まで約31年間続き、取材した国は約150カ国にのぼる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング