産経WEST

【関西の議論】「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査

そば店「摂河泉」のそば湯。通常はそばを食べ終わった後に出てくる=堺市堺区 そば店「摂河泉」のそば湯。通常はそばを食べ終わった後に出てくる=堺市堺区

 ただ、原田さんは「家族以外とは、そばは食べたことがない。友達と外で食べに行ってそば湯を飲んだら、ひかれてしまうかも」と話した。

そば湯に麺を入れる「出雲そば」

 そばといえば、東日本のイメージが強いが、西日本にあたる島根県東部の出雲地方で親しまれてきた出雲そばは、日本三大そばに数えられる。そばを食べた後、そば湯を飲む習慣もある。

 この出雲そばは、そば湯をほかの地方とは違う使い方をする。冷たいそばの「割子そば」が有名だが、温かいそばの「釜揚げそば」はなんと、そば湯の中に麺が入った状態で出され、上からつゆをかけて食べるのだ。

 出雲観光協会(島根県出雲市)によると、釜揚げそばは、出雲大社(同市)周辺の屋台で振る舞われたもので、少なくとも江戸時代には現在の形になっていたという。そばは通常、ゆでた後に水洗いするが、屋台売りのためにその都度水洗いできなかったため、このような食べ方になったという。

 同協会の担当者によると、出雲地方では、天ぷらそばや、月見そば、山かけそばといったメニューでも、同様にそば湯に麺が入り、つゆをかけて食べることがあるという。ほかの地方のようにシメで飲むのではなく、料理そのものに活用されているのだ。

うどん、そうめんの茹で汁はなぜか飲まない

 現代では、そば店に入り、そばを食べ終わると、そば湯が出される。そんなそば湯を飲む習慣はいつごろ、広まったのだろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査
  • 「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査
  • 「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査
  • 「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査
  • 「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査
  • 「そば湯」大阪では半数が知らない!…「彼女が飲んだらひく」「入浴剤?」そばがき経験者は2人だけ ネット投稿受け緊急調査

「産経WEST」のランキング