産経WEST

【エンタメよもやま話】中国頼み日本経済、南京大虐殺30万人…中国共産党の嘘を暴く1冊「中国不要論」の警鐘とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
中国頼み日本経済、南京大虐殺30万人…中国共産党の嘘を暴く1冊「中国不要論」の警鐘とは

「中国なしで日本経済は成り立たない」というミスリードと中国共産党の嘘の数々を徹底的に看破する話題の1冊「中国不要論」 「中国なしで日本経済は成り立たない」というミスリードと中国共産党の嘘の数々を徹底的に看破する話題の1冊「中国不要論」

 とはいえ、今の日本は、デフレと貧困化の進展で、中国産の原材料を多く含む低価格商品を買わざるを得ない状況です。そしてそんな状況をあざ笑うかのように、日本の食料の対中輸入の数字の推移をみると、2008年には前年比で大きく減ったものの、以降はまた右肩上がりで増加。全体に占めるシェアは14%に達しています。

 しかし本書はそれでも敢えて、危険な中国産の食品を拒否し、結果的に食品価格が上昇することを受け入れる気概が不可欠であり、もっと食の安全や食糧安全保障について真剣に考えるべきだと主張します…。

 他にも本書は文字通り、目からうろこな事実や<移民を受け入れると7割が中国人になってしまう>といった隣国・中国を巡る“今、そこにある危機”について詳細に説明・警告しています。とにかく安倍政権には一刻も早くデフレからの脱却の実現をお願いしたいものです。でなければ本当に日本は中国の属国になってしまうでしょう。まさに反日勢力の思うつぼです。

 ちなみに、前述したスイスの冊子「民間防衛」には、こう書かれているそうです。<腹の減った者は、パンを約束する者の言うことを聞くのだから>(岡田敏一)

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

 ■毎週、日本を含む世界のエンタメの面白情報などをご紹介します。ご意見、ご要望、応援、苦情は toshikazu.okada@sankei.co.jp までどうぞ。

▼【関連ニュース】爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言『中国崩壊後の世界』

▼小学館「中国不要論」紹介のページ(外部サイト)

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング