産経WEST

【衝撃事件の核心】ドス黒過ぎる!スター教授「裏の顔」 耐震建築〝権威〟、女性にモテモテ「遊び好き」…ふっかけた賄賂1300万円

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
ドス黒過ぎる!スター教授「裏の顔」 耐震建築〝権威〟、女性にモテモテ「遊び好き」…ふっかけた賄賂1300万円

耐震技術研究をめぐる大阪大大学院教授の汚職事件の構図 耐震技術研究をめぐる大阪大大学院教授の汚職事件の構図

 人の足元を見て値段をふっかけるのは何も商売人に限ったことではない。大阪大と中堅ゼネコンなどが共同実施した耐震技術研究をめぐり、阪大大学院工学研究科教授の倉本洋(ひろし)被告(57)=収賄と背任の罪で起訴、休職中=が摘発された汚職事件。「産学連携」の名の下にエリート教授の地位を利用し、4社から総額1300万円近くの賄賂をせしめていた。「自分の利益になる人には丁寧だが、そうでない人には対応が変わる」。不正のぬかるみにはまり込んだ倉本被告の「裏の顔」は事件を機に露呈し、耐震建築分野で築いた名声はあえなく崩れ去った。(吉国在)

「授業は面白くて丁寧」

 「研究も後輩の指導も妥協しない。間違いなく、コンクリート耐震分野のスペシャリストだ」

 倉本被告がかつて在籍した豊橋技術科学大大学院(愛知県豊橋市)でともに勤務した男性准教授はこう評価する。

 倉本被告が名声を得るまでの道のりは、決して平坦ではなかった。

 昭和61年3月に大阪工業大工学研究科を修了。中堅ゼネコン「鴻池組」の研究員として下積みを経験し、平成4年7月に東京大工学研究科で博士号(工学)を取得した。その後、国土交通省国土技術政策総合研究所(当時)の研究室長などを歴任。20年4月には現職の阪大院工学研究科教授へとステップアップした。

 複数の論文が日本建築学会などで表彰され、建築耐震工学の権威としての地位を徐々に固めた倉本被告。教鞭をとる姿も、スター教授らしく他の教員にはない魅力にあふれていた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング