PR

産経WEST 産経WEST

朝鮮半島から漂着か…島根の海岸にポリタンク1500個 強酸性液体入ったものも

 島根県は22日、同県益田市などの海岸で17日以降、計約1500個のポリタンクが漂着したと発表した。大半にハングルの表示があり、「過酸化水素」と記載されたものや強酸性の液体が入ったものがあった。北朝鮮や韓国から流れ着いた可能性があり、回収作業を進めている。

 22日までに山口県の海岸でも同様のポリタンクが約400個、鳥取県でも約80個が見つかった。

 島根県によると、益田市で17日に約170個のポリタンクが見つかり、その後、出雲市や隠岐の島町などでも相次いで発見された。22日までに計約1500個を回収し、うち約330個に液体が入っていた。

 ポリタンクの大半は、縦横ともに20センチ、高さ40センチ。20キロの表示があり、ふたが開いていたり、破損したりしているものもあった。健康被害などの報告は入っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ