産経WEST

「放射能浴びているから光る」 福島出身女子学生に差別発言 関西学院大の外国人講師

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「放射能浴びているから光る」 福島出身女子学生に差別発言 関西学院大の外国人講師

関西の私学の名門“関学”=関西学院(かんせいがくいん)大学の公式ウェブサイトから 関西の私学の名門“関学”=関西学院(かんせいがくいん)大学の公式ウェブサイトから

 関西学院大(兵庫県西宮市)の40代の外国人男性非常勤講師が平成26年、授業中に福島県出身の女子学生に対し「放射能を浴びているから電気を消すと光るかと思った」と発言していたことが21日、分かった。大学側は東日本大震災の被災者への配慮に欠けた発言として、講師を17日付で減給3カ月の懲戒処分とした。女子学生はショックで授業への出席が難しくなっているという。

■外国人講師「冗談で…」

 関学大によると、女子学生は26年10~11月ごろ、英語の授業中に講師から出身地を尋ねられ、「福島県です」と回答。すると講師は教室の電気を消し、「放射能を浴びているから光ると思った」と発言した。女子学生は精神的な苦痛から、その後、授業に出席できなくなったという。

 女子学生は昨年4月、大学にハラスメント相談センターが開設されたことを知り、センターに相談。講師は大学側の調査に対し、「電気を消したかどうかは覚えていないが、冗談のつもりだった」と発言を認め、4月以降の契約の辞退を申し入れた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「放射能浴びているから光る」 福島出身女子学生に差別発言 関西学院大の外国人講師

関連ニュース

「産経WEST」のランキング