産経WEST

島根原発2号機の圧力容器内設備にひび 検査で判明、周辺環境に影響なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


島根原発2号機の圧力容器内設備にひび 検査で判明、周辺環境に影響なし

 中国電力は16日、島根原発2号機(松江市)の原子炉圧力容器内にある設備の溶接部に、長さ約55センチのひびが見つかったと発表した。原子炉内に燃料は入っておらず、周辺環境への影響はないという。

 ひびが見つかったのは、建設当時に作業員が圧力容器の中を移動するために開けた穴をふさいだカバーの溶接部。島根2号機が運転開始から30年を迎える前に行う検査の一環で、水中カメラで点検していたところ見つけた。

 島根2号機は平成元年に運転開始。再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査が続いている。昨年12月には、中央制御室の空調換気系ダクトで、腐食による穴が見つかった。

「産経WEST」のランキング