産経WEST

マラソン262人コース誘導ミス…ただ1人、正規コース走破「最後尾」9歳男児が優勝へ 岡山・笠岡

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


マラソン262人コース誘導ミス…ただ1人、正規コース走破「最後尾」9歳男児が優勝へ 岡山・笠岡

「べいふぁーむ笠岡マラソン大会」結果を伝える市のページ。現在は“削除”されている 「べいふぁーむ笠岡マラソン大会」結果を伝える市のページ。現在は“削除”されている

 岡山県笠岡市は14日、5日に開かれた「べいふぁーむ笠岡マラソン」小学3~6年男子・女子の部(3キロ)で、コース誘導に誤りがあったと公表した。出場者263人中、262人が誤ったコースの約1・8キロを完走。最後尾の小学3年生の男子(9)のみが係員の伴走があったために正規コースでゴールし、主催者の同市教育委員会などは、この男子を優勝者として表彰する予定という。

 大会は市総合スポーツ公園発着で行われ、3キロのコースは公園内に走路を設定。同市教委によると、分岐点にまぎらわしさがあったらしく、誘導担当のボランティアは「先頭集団が一気に違う方向に駆け抜けたため、後続も通した」と説明しているという。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング