産経WEST

【世界ミニナビ】“民族消滅”の危機におののく韓国、人口微増も少子高齢化のスピードが…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
“民族消滅”の危機におののく韓国、人口微増も少子高齢化のスピードが…

韓国・ソウル中心部で開かれた朴槿恵大統領の即時退陣を要求する集会。大通りが埋め尽くされたが、人口絶壁時代を経るとどうな風景になるのだろうか=昨年12月(共同) 韓国・ソウル中心部で開かれた朴槿恵大統領の即時退陣を要求する集会。大通りが埋め尽くされたが、人口絶壁時代を経るとどうな風景になるのだろうか=昨年12月(共同)

 15~64歳はなお総人口の73・1%を占めているが、記事は65歳以上の高齢者が15歳未満の人口を逆転したのは、行政自治部が住民登録統計を管理するようになった2008年以降で初めてと指摘。しかも、08年には15歳未満の割合は17・2%、65歳以上の割合が10・2%と大きく差が開いていたと強調した。

 つまり、日本に比べ若干の余裕はあるが、問題なのは、わずか8年間で局面が転換するほどの人口構造の変化のスピードというわけだ。

時間の問題

 韓国統計庁が昨年発表した2015年人口住宅総調査も少子高齢化と人口激減を予見する内容となった。

 韓国紙・中央日報(同)によると、65歳以上の人口の割合は13・2%で、前回調査時(2010年)の11・0%と比べて2・2ポイント上昇した。国連は65歳以上の人口比率が7%以上なら高齢化社会、14%を超えれば高齢社会、20%以上の場合に超高齢社会に分類しており、「韓国は2000年に高齢化社会に突入し、いまでは高齢社会が目の前まで迫ってきている。今の速度なら超高齢社会に入るのも時間の問題」と指摘した。

 しかも、全羅南道地域は65歳以上人口の比率が21・1%で、韓国の広域自治団体として初めて超高齢社会に入ったとした。

少子高齢化、人口減へ

 中央日報(同)は、2010年に三星経済研究所が「少子化克服のための緊急提言」報告書を発表したと報じている。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング