産経WEST

米サンフランシスコ市「慰安婦像」設置を承認か、中国人街に9月 地元メディア

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米サンフランシスコ市「慰安婦像」設置を承認か、中国人街に9月 地元メディア

ソウルの日本大使館前の慰安婦像。足元に追悼プレートが新たに設置された(名村隆寛撮影) ソウルの日本大使館前の慰安婦像。足元に追悼プレートが新たに設置された(名村隆寛撮影)

 米西部カリフォルニア州サンフランシスコ市当局は8日までに、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像と碑文の設置を承認した。地元メディアなどが報じた。同市内の中国人街に9月に設置される予定だという。

 承認された碑文には「この記念碑は、1931~45年にアジア太平洋の13カ国で婉曲的に『慰安婦』と呼ばれ、日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女の苦しみの証人だ」と英語で書かれるという。像は背中合わせに手をつなぐ3人が柱の上に立ち、脇にチマ・チョゴリ姿の女性が立つデザイン。

 サンフランシスコ市議会は2015年、設置を市当局などに促す決議を採択。市芸術委員会が今月6日に碑文の内容を承認した。芸術委員会には設置に反対を唱える200以上の電子メールが寄せられた。大半は日本からだった。

 米国では同州ロサンゼルス近郊にも少女像が設置されており、南部バージニア州などには旧日本軍の従軍慰安婦について記した石碑がある。

(ロサンゼルス 共同)

「産経WEST」のランキング