産経WEST

【受験を考える】受験準備に学校を休むのは「もってのほか」なのか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【受験を考える】
受験準備に学校を休むのは「もってのほか」なのか

公立がよいのか、私立がよいのか、生徒たちだけでなく、保護者たちの悩みもつきない 公立がよいのか、私立がよいのか、生徒たちだけでなく、保護者たちの悩みもつきない

 中学受験、高校受験、大学受験とそれぞれに事情は異なると思うが、受験の直前に、学校を休んでまで受験対策を行うことには、昔から賛否がある。

 寄せられているご意見、メールのなかにも「『受験準備のために学校を休むなんてもってのほか』と言われたことがある」という経験談もあった。「かつては、学校にいかず塾にこもり、ラストスパートをすることを奨励する塾もあった」とのことで、特に中学受験で、長期間にわたり小学校に通わず受験対策をするケースもあったらしい。

 特に中学受験で、難関校を受ける場合、小学校の授業を聞いているだけでは、試験の対策には不十分だとして、保護者も「受験のため」として休ませているのだという。

 ただ、私立の学校によっては、長期欠席をしていることを好ましく判断しないこともあるというから、結果として休ませることが裏目にでるということもあるのかもしれない。

続きを読む

「産経WEST」のランキング