産経WEST

【関西の議論】最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元

国立民族学博物館の展示フロアからヒントを得て描かれた長安編(C)『阿・吽』おかざき真里/阿吽社/小学館 国立民族学博物館の展示フロアからヒントを得て描かれた長安編(C)『阿・吽』おかざき真里/阿吽社/小学館

 「広いフロアに色々な民族衣装や小物がずらりと並んでいて、このごった煮のようなにぎやかさが長安にもあったのかもしれない」とイメージをつかめたという。

 おかざきさんはフロア内を撮影して回り、撮影枚数は200枚以上にも及んだ。作中の楽器や仮面など様々なものが同館の資料をもとに描かれている。

 学術施設であるみんぱくとマンガは一見ミスマッチのようだが、親和性が高い。アイヌ民族の埋蔵金をめぐる人気マンガ『ゴールデンカムイ』(集英社)の著者、野田サトルさんも昨年4月に同館を訪問。同館の斉藤玲子准教授がブドウ蔓で作った履き物「ストゥケレ」の装着方法や狩猟に使用する矢筒の背負い方などを教示したという。斉藤さんは「熱心に研究されているのが伝わった。専門家やアイヌが見てもほぼ違和感がなく、ファンも多い」とほほえむ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元

関連トピックス

「産経WEST」のランキング