産経WEST

【関西の議論】最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元

国立民族学博物館の展示フロアからヒントを得て描かれた長安編(C)『阿・吽』おかざき真里/阿吽社/小学館 国立民族学博物館の展示フロアからヒントを得て描かれた長安編(C)『阿・吽』おかざき真里/阿吽社/小学館

 これまでは女性誌を中心に、仕事や恋愛に揺れ動く現代女性の心の機微を秀麗な筆さばきで描いてきたおかざきさん。だからこそ、教科書に登場する偉人でしかなかった2人が、血が通ったヒーローとして読者の目には新鮮に、魅力的に映るのかもしれない。

ネタ元は「みんぱく」? 歴史マンガの時代考証に欠かせぬ資料の宝庫

 歴史マンガを描くにあたり、骨が折れるのが仏教の教義を学ぶことや、時代考証。仏教に関する出版物が多い京都の老舗出版社・阿吽社が監修を務め、空海が修行をしたとされる室戸岬(高知県)に実際に足を運ぶなどして、フィクションでありながらも、リアリティを出している。しかし、長安編を描くにあたっては、特に資料収集に困ったという。そんなとき、思わぬ救いの手をさしのべたのが、大阪府吹田市の国立民族学博物館(みんぱく)だった。

 同館では100万点以上の膨大な資料を所蔵し、常時約1万2千点を展示。世界各地からの収集品を間近に見てもらう「露出展示」にこだわっており、ケースに入っていない展示物も多く、色々な角度から資料を眺めることができる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元
  • 最澄はヘビメタ、空海はパンク-宿命のライバルをクールに描く仏教漫画『阿・吽』、おかざき真里さんの意外なネタ元

関連トピックス

「産経WEST」のランキング