産経WEST

住宅火災、80代・60代の母息子の連絡取れず 兵庫・多可町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


住宅火災、80代・60代の母息子の連絡取れず 兵庫・多可町

  6日午後11時25分ごろ、兵庫県多可町八千代区下三原の住宅から火が出ていると、近所の男性から119番があった。焼け跡から2人の遺体が見つかり、県警西脇署は連絡が取れなくなった住人の80代女性と60代の息子とみて、身元の確認を進め、火事の原因を調べる。

 消防などによると、木造2階建て約150平方メートルが全焼し、1階の台所付近が激しく燃えていることが分かった。遺体はいずれも1階の別々の部屋で見つかった。2人暮らしだったとみられる。

 現場は、JR西脇市駅の北西約7キロの山間部に住宅が点在する地域。

6日午後11時25分ごろ、兵庫県多可町八千代区下三原の住宅から火が出ていると、付近の住民から119番があった。西脇署によると、木造2階建て住宅が焼け、住人とみられる2人と連絡が取れていない。

 連絡が取れていないのは2人暮らしの高齢女性と息子。同署が詳しい状況を調べている。

「産経WEST」のランキング