産経WEST

町係長を酒気帯び運転疑いで逮捕 香川・三木

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


町係長を酒気帯び運転疑いで逮捕 香川・三木

 香川県警高松東署は5日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県三木町上下水道課の男性係長(38)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は4日午後11時半ごろ、同町内の県道で、酒気帯びの状態で乗用車を運転したとしている。高松東署や三木町によると、係長は4日夕から同僚と酒を飲んでいた。帰宅後に車で外出し、信号待ちの乗用車に追突。駆け付けた警察官が酒の臭いに気付いた。けが人はいなかった。

 同町の筒井敏行町長は「町民の信頼を裏切り、おわびする。事実関係を調査し、厳正に対処する」とのコメントを出した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング