産経WEST

鳥インフル養鶏場で殺処分進む 佐賀県、6万9千羽

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鳥インフル養鶏場で殺処分進む 佐賀県、6万9千羽

 佐賀県江北町の養鶏場で4日に高病原性鳥インフルエンザウイルス感染が確認され、佐賀県は5日、この農家が飼育する鶏計約6万9千羽の殺処分作業を進めた。養鶏場周辺の道路沿いに車の消毒ポイントを設けるなど、感染拡大を防ぐための対策を徹底する。

 県は、4日夜にこの養鶏場から半径3キロ圏にある4農家の鶏や卵の移動を制限。3~10キロ圏は搬出制限区域とし、12農家に区域外への運び出しを禁じた。

 江北町の養鶏場では4日に40羽の鶏が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。

 国内では昨年11月以降、農場での鳥インフルエンザ感染が北海道、青森、新潟、岐阜、宮崎、熊本の6道県で発生している。

「産経WEST」のランキング