産経WEST

「サンマの塩焼き」も14種言語で 外国人観光客向けメニュー作製支援…大阪府がサイト立ち上げ方針

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「サンマの塩焼き」も14種言語で 外国人観光客向けメニュー作製支援…大阪府がサイト立ち上げ方針

 例えば、「サンマ」と「~の塩焼き」を選択すれば、「サンマの塩焼き」の外国語表記が出てくる。「自家製~」「季節の~」といった言葉も用意し、店の独自メニューにも対応。英語や韓国語、中国語(簡体字・繁体字)をはじめ、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、ロシア語、アラビア語の計14種類から必要な言語を選んでもらい、複数の言語を並べることもできる。

 牛肉や落花生といった食材をイラストで表示し、宗教上の食文化の違いやアレルギーにも対応。サイト内でレイアウトし、印刷すればそのままメニュー表として使用できるようにする。

 府内の飲食店が対象で、専用サイトに会員登録すれば無料で利用できる。東京都でも平成26年度から同様のウェブサイト「EAT TOKYO」を運用しており、すでに都内の3千店舗が登録しているという。

「産経WEST」のランキング