産経WEST

佐賀の鳥インフル、高病原性と確認 養鶏場の6万9千羽殺処分始まる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


佐賀の鳥インフル、高病原性と確認 養鶏場の6万9千羽殺処分始まる

 佐賀県江北町の養鶏場で大量の鶏が死んでいるのが見つかり、県は4日、遺伝子検査を実施した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染を確認したと発表した。県は、この養鶏農家が飼育する約6万9千羽を殺処分することを決め、殺処分を始めた。

 県は対策本部を設置。発生地点から半径3キロ圏の4農家に対し、鶏や卵の農場外への運び出しを禁じ、3~10キロ圏の12農家には域外への持ち出しを禁止する措置を取った。

 県によると、死んだ鶏が出た養鶏農家は2カ所の養鶏場を管理し、計約6万9千羽を飼育。4日朝に40羽が死んでいるのが見つかり、家畜保健衛生所に通報した。簡易検査の結果、対象の7羽全てで陽性が出た。

 国内では昨年11月以降、農場での鳥インフルエンザ感染が北海道、青森、新潟、岐阜、宮崎、熊本の6道県で相次ぎ発生している。佐賀県では平成27年1月、有田町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、約7万3千羽を殺処分した。

「産経WEST」のランキング