産経WEST

経済団体が出会いの場提供 水族館貸し切りで大型婚活イベント 若手社員200人参加 大分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


経済団体が出会いの場提供 水族館貸し切りで大型婚活イベント 若手社員200人参加 大分

大分経済同友会が主催した婚活イベントで話す婚活コーディネーター(左)=3日夜、大分市の水族館「うみたまご 大分経済同友会が主催した婚活イベントで話す婚活コーディネーター(左)=3日夜、大分市の水族館「うみたまご

 大分経済同友会は3日、会員企業の若手社員を対象に、大分市の人気水族館で男女約200人が参加した婚活イベントを初めて開催した。経済団体が主催するこうした大規模な取り組みは珍しく、少子化対策の一助とする狙い。経営層に婚活の重要性を認識してもらう効果にも期待している。

 この日は、会員企業のマリーンパレス(大分市)の協力を得て、水族館「うみたまご」の夜間貸し切りで開催。参加者は大分県が派遣した「婚活コーディネーター」の仕切りで自己紹介をし、軽食を取ったり館内を散策したりしながら交流を楽しんだ。

 同僚と参加した保険会社に勤務する中村成児さん(24)は「普段は内勤で他社との交流が少なく、異業種の女性と知り合える機会はうれしい。すてきな女性が多くて目移りしてしまう」と話し、連絡先を書いたカードを誰に渡すか悩んでいた。 同友会の担当者は「恋愛に発展しなくても異業種間の交流が生まれることで県に活気が生まれる」と意義を強調した。  近年は地域の青年団などの活動が減っているほか、社内結婚も減少傾向で、若者の出会いの場が少なくなっているという。同友会は、今回のイベントの結果を踏まえ、本格的な婚活パーティーの実施も検討している。

「産経WEST」のランキング