産経WEST

【動画】上方落語の大名跡「四代目桂春団治」桂春之輔さんが襲名へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
上方落語の大名跡「四代目桂春団治」桂春之輔さんが襲名へ

襲名に向けて抱負を語る桂春之輔さん=2日午後、大阪市中央区(奥清博撮影) 襲名に向けて抱負を語る桂春之輔さん=2日午後、大阪市中央区(奥清博撮影)

 昨年1月に死去した三代目桂春団治さんの弟子で、上方落語協会副会長の桂春之輔さん(68)が来年春に「四代目春団治」を襲名することになり、2日、所属事務所の松竹芸能などが発表した。

 上方落語の大名跡「桂春団治」の初代は、明治から昭和にかけて一世を風靡(ふうび)し、映画や歌の題材にもなった。二代目も本格派として活躍、その息子の三代目は、笑福亭松鶴や桂米朝、先代桂文枝とともに、戦後の上方落語復興に貢献した「四天王」の一人。

 春之輔さんは大阪府寝屋川市出身。高校在学中の昭和40年、三代目に入門。人情噺や怪談噺を得意とする。寄席以外にテレビのワイドショーなどでも活躍。また、上方落語協会の幹事長や副会長を歴任し、天満天神繁昌亭の建設・運営や若手育成に尽力してきた。

 三代目が生前、春之輔さんに継がせる旨のメッセージを遺族に託し、今年1月に一門の前で公表されたという。

 春之輔さんは「初代、二代目、三代目の華麗な芸にはとても太刀打ちできない。3人がおやりにならなかったネタを一生懸命磨いて、新しい春団治を作り上げたい」と話した。

 襲名披露公演は来年春、大阪を皮切りに各地で行われる予定。

「産経WEST」のランキング