産経WEST

JRおおさか東線の新駅名を「城北公園通」に 大阪市旭区がJR西に要望書提出 都島区側は違う名前を要望も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JRおおさか東線の新駅名を「城北公園通」に 大阪市旭区がJR西に要望書提出 都島区側は違う名前を要望も

 平成31年春に延伸されるJRおおさか東線の新駅「都島(仮称)」(大阪市旭区赤川)について、地元の代表らで構成する団体が31日、「城(しろ)北(きた)公園通」にすることを求める要望書をJR西日本大阪支社(同市天王寺区)に提出した。

 この団体は、旭区役所や同区内の地域団体会長らで構成される「旭区おおさか東線新駅名称期成会」。同区役所によると、新駅は市営地下鉄都島駅から北へ約1・6キロも離れており、「このまま都島駅に決定したら、乗客の混乱をきたす可能性がある」と指摘する声があがっていたという。

 そこで、期成会は昨年12月に新駅名を「城北公園通」にすることを決議し、約1カ月かけて同区民ら約1万7800人の署名を集めて、要望書とともに提出した。団体関係者は「城北公園通は旭と都島の両区をつなぐ道路で、地域を連想してもらうにふさわしい」と話している。

 一方、駅西側の都島区では、毛馬地区が江戸時代の著名な俳人、与謝蕪村の生まれ故郷とあって「蕪村」が付いた駅名を希望。平成18年には大東商店会=現・蕪村通り商店街=が大阪市長に、住民977人の署名を添えて「蕪村生誕駅」「蕪村旭都島駅」などの駅名を要望。26年には、同商店街がJR西日本に対し、「蕪村公園口駅」などの駅名を提案した要望書を提出している。

    ◇

 JRおおさか東線 平成20年に放出(はなてん)-久宝寺間の南区間(9・2キロ)が開通。放出-新大阪の北区間(11・1キロ)は建設中で、「野江」「都島」「淡路」「西吹田」(いずれも仮称)の4つの新駅をつくる計画になっている。

「産経WEST」のランキング