産経WEST

豪快!ホエールウオッチング「生まれて初めて大きな尾ひれみた」 奄美大島

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


豪快!ホエールウオッチング「生まれて初めて大きな尾ひれみた」 奄美大島

海面に現れた3頭のザトウクジラの尾ひれや背中=28日、鹿児島県・奄美大島近海 海面に現れた3頭のザトウクジラの尾ひれや背中=28日、鹿児島県・奄美大島近海

 鹿児島県・奄美大島(奄美市など)で、近海を繁殖域とするザトウクジラが回遊する季節を迎えている。28日、同島の太平洋側でホエールウオッチングをした船には15人の観光客が乗り、現れたクジラの大きな尾ひれに感嘆の声を上げた。

 同日は二つの群れの計5頭を確認。奄美クジラ・イルカ協会によると、昨年末からの今シーズンはこの5頭を含め、63の群れの計103頭が確認されており、昨シーズンの同時期と比べて約5割増えた。

 ホエールウオッチングの観光客は昨シーズン、過去最多の969人を記録。地域おこしにも期待が高まっている。

 東京から参加した会社員浅井亜耶さん(34)は「生まれて初めて、近くであんな大きなものを見ることができて感動した」と満足そうに話した。

 奄美クジラ・イルカ協会の興克樹会長は「今シーズンは2千人が目標」と話している。

「産経WEST」のランキング