産経WEST

和歌山・御坊の719人食中毒 原因はノロウイルス、給食センターを14日間営業停止

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


和歌山・御坊の719人食中毒 原因はノロウイルス、給食センターを14日間営業停止

 和歌山県御坊市の給食センターが調理を担当する公立幼稚園4園と小中学校11校の園児や児童、生徒ら719人が下痢や嘔吐(おうと)、発熱などの症状を発症していた問題で、同県は28日、発症者からノロウイルスが検出されたことを明らかにした。

 御坊保健所は、児童らが食べた給食に混入していたノロウイルスが原因の食中毒と断定。給食センターを14日間の営業停止処分とした。

 同県などによると、同センターでは各学校の給食を一括調理。今月25日に同センターが調理した給食が原因という。

「産経WEST」のランキング