産経WEST

【衝撃事件の核心】「心中しようと…」74歳妻にブロックくくりつけ川に沈めた75歳夫の懊悩 また「老老介護」の悲劇が

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「心中しようと…」74歳妻にブロックくくりつけ川に沈めた75歳夫の懊悩 また「老老介護」の悲劇が

夫婦が心中を図った大津市の瀬田川の現場付近。妻は死んだが、夫は死にきれず嘱託殺人の罪に問われた 夫婦が心中を図った大津市の瀬田川の現場付近。妻は死んだが、夫は死にきれず嘱託殺人の罪に問われた

 「妻が苦しんでいるのを見ていられなかった。楽にさせてやりたかった」。大津市内の自宅で病気に苦しむ妻=当時(74)=の介護を続けてきた男性(75)は、妻の求めに応じて2人で川に入り心中を図った。しかし自分だけは死にきれず、嘱託殺人の罪に問われた。昨年12月の大津地裁での公判で、男性は涙を流しながら愛する妻を死に至らせた苦渋の胸の内を語った。判決は懲役2年6月、執行猶予4年。仕事を辞めて約8年間一人で介護を続けてきた事情などから「同情の余地がある」とされた。繰り返される「老老介護」の末の悲劇。夫婦が助かる手立てはなかったのか。

路肩にうずくまる男性

 昨年10月4日の昼下がり。大津市南部の瀬田川沿いの県道で、通行人が路肩にうずくまっている男性を見つけ声を掛けた。

 「どうしましたか。大丈夫ですか」

 「お母さん(妻)を殺してしまった。警察を呼んでほしい」。男性は錯乱状態だったという。

 大津署員が駆けつけると、川に浮かぶ女性を発見。すでに心肺停止状態で、まもなく死亡が確認された。

 夫婦は一緒に体にコンクリートブロックをくくりつけて入水。いったんは妻を川から引き上げ心中をやめようとしたが、妻が決行を求め、再び妻を水中に沈めた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング