産経WEST

LED製品めぐる訴訟、日亜化学の逆転勝訴確定 輸入商社の「嘘の事実公表」主張認めず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


LED製品めぐる訴訟、日亜化学の逆転勝訴確定 輸入商社の「嘘の事実公表」主張認めず

 電機・電子製品商社の立花エレテック(大阪市)が、発光ダイオード(LED)製品に関し嘘の事実を公表されたとして、日亜化学工業(徳島県阿南市)に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は、立花エレの上告を受理しない決定をした。24日付。日亜化学が逆転勝訴した2審判決が確定した。

 確定判決によると、日亜化学は平成23年、特許権を侵害した台湾製の白色LEDを、立花エレが輸入、販売していると公表。立花側が事実でないと提訴した。

 1審大阪地裁判決は、公表内容が事実でないと認め110万円の支払いを命令。2審知財高裁は、立花エレのホームページの記載内容から、特許権侵害の製品を輸入、販売していると日亜化学が考えたのも無理はないとして請求を棄却した。

「産経WEST」のランキング