産経WEST

【関西の議論】性体験をして変わりたい…『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』漫画家・永田カビさん、赤裸々体験綴った漫画が反響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
性体験をして変わりたい…『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』漫画家・永田カビさん、赤裸々体験綴った漫画が反響

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』の場面(C)永田カビ/イースト・プレス 『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』の場面(C)永田カビ/イースト・プレス

 社会で居場所が見いだせず、心の脆(もろ)さ、いいようのない寂しさを抱える一人の女性が、レズビアン風俗に癒やしを求める-。そんな自身の体験を赤裸々につづった大阪府在住の漫画家・永田カビさん(29)のコミックエッセーが、話題だ。女性に母性的な安心感を感じるという著者の、うつや摂食障害の苦しみ、孤独や生きづらさ、社会や人とのつながりを問う内容で、共感が広がっている。(横山由紀子)

周囲となじめず過食症、自傷行為がひどくなり…死を意識したことも

 《なんで急に一念発起し風俗へ来たか》

 《自分が自分として生きるため》

 性的経験のない28歳の女性主人公が、恐る恐るレズ風俗に足を踏み入れる冒頭のシーンは、センセーショナルだ。

 永田さんの思いや体験がつづられた漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)。レズ風俗という、ともすれば世間から好奇の目でみられがちな題材だが、性同一性障害など性的少数者(LGBT)が抱える悩みが深刻であるように、同作の内容も切実だ。社会とのつながりを無くし、もがき苦しむ著者の、「抱きしめられたい」「性体験をして変わりたい」…そんな思いが克明に描かれる。

 油絵を専攻していた大学を半年で中退してから、うつや摂食障害に悩んだ永田さん。「毎日通う場所、所属する何かが急に無くなって、無性に不安になったのです。何者かでいないといけない、そんな思いが常にありましたから」

 すぐにスーパーのレジ打ちや、パン工房の製造補助のアルバイトを、週5~6日のシフトで始めるが、周囲となじめず、過食症、自傷行為がひどくなり、死を意識したこともある。

 25歳で、自分が本当にやりたいと思えた漫画家の道を歩き始めるが、「フィクションを創作することに行き詰まってきたのです」。

「誰でもいいから、私を抱きしめて!」心療内科…ついに性体験かなった感激

このニュースの写真

  • 性体験をして変わりたい…『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』漫画家・永田カビさん、赤裸々体験綴った漫画が反響
  • 性体験をして変わりたい…『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』漫画家・永田カビさん、赤裸々体験綴った漫画が反響
  • 性体験をして変わりたい…『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』漫画家・永田カビさん、赤裸々体験綴った漫画が反響
  • 性体験をして変わりたい…『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』漫画家・永田カビさん、赤裸々体験綴った漫画が反響

関連トピックス

「産経WEST」のランキング