産経WEST

【自衛隊のいま(20)・動画】“海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【自衛隊のいま(20)・動画】
“海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密

三井造船玉野事業所で進水式が行われた海上自衛隊潜水艦救難艦「ちよだ」=岡山県玉野市(彦野公太朗撮影) 三井造船玉野事業所で進水式が行われた海上自衛隊潜水艦救難艦「ちよだ」=岡山県玉野市(彦野公太朗撮影)

 深海で隠密行動を遂行している潜水艦が、故障や敵からの攻撃で、航行不能に陥ったら…。

 万一、潜水艦が沈没してしまった場合、艦内に残された乗員を救助することが急務となる。その役割を果たすのが、海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」と潜水艦救難艦「ちはや」の2隻だ。

 昨年11月、三井造船玉野事業所(岡山県玉野市)で、海上自衛隊の新型潜水艦救難艦「ちよだ」の命名・進水式が行われた。式典には関係者をはじめ、一般希望者ら約1500人が参加した。

 式では、“海自の歌姫”といわれる海上自衛隊東京音楽隊の三宅由佳莉3等海曹による「君が代」独唱の後、宮沢博行・防衛政務官が艦名の「ちよだ」を読み上げ、支綱を切断。軍艦マーチが演奏される中、くす玉が割られ、船体が船台からゆっくりと滑りだし無事に進水。祝砲が鳴り響いた。

 「ちよだ」という艦名はこの艦で5代目となり、海上自衛隊としては2代目となる。

 軍艦名としては江戸時代まで遡り、初代は「千代田」型と呼ばれた蒸気船。その後、旧海軍の航空母艦などを経て、昭和60(1985)年、自衛隊として初代となる潜水救難母艦「ちよだ」が就航した。初代は全長113メートル、幅17・6メートル、基準排水量3650トンで、乗員は120人。

(次ページに動画)ROV&DSRV…マストもステルス対策、そして

このニュースの写真

  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密
  • “海自の歌姫”国歌斉唱…世界一の潜水艦救難技術、新型艦「ちよだ」の秘密

「産経WEST」のランキング