産経WEST

【衝撃事件の核心】「やんちゃだったがここまでとは…」〝ヤクザ市議〟のあきれた実態 脅迫、傷害事件で山口組系組長と絶妙コンビネーション

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「やんちゃだったがここまでとは…」〝ヤクザ市議〟のあきれた実態 脅迫、傷害事件で山口組系組長と絶妙コンビネーション

山口組系組長とのただならぬ関係が露呈した元京都府京田辺市義の奥村良太被告 山口組系組長とのただならぬ関係が露呈した元京都府京田辺市義の奥村良太被告

 ある捜査関係者は「議員になって暴力団との付き合いが深まったのだろう」と推測。同市の契約社員の男性(41)は「奥村被告のような人は議員になるべきじゃない。何やってんだと思う」と憤る。

 事件を受けて昨年10月に開かれた市議会の幹事会では、「(罰金の略式命令)それだけでも議員の資格はない。さらに(傷害事件の)逮捕など、あってはならないこと」と非難する声が上がり、辞職勧告決議を行うことを決定。この2日後、奥村被告は「一身上の都合」として議員辞職願を提出し、許可された。

 市内のアルバイトの女性(69)は「投票した人は裏切られた気持ちだと思う」としつつ、「でも、市民にも当選させた責任がある」と話した。

 京田辺市は今年4月、市制20周年を迎える。前代未聞の事件は市議会や市のイメージだけでなく、有権者である市民も傷つけた。

このニュースの写真

  • 「やんちゃだったがここまでとは…」〝ヤクザ市議〟のあきれた実態 脅迫、傷害事件で山口組系組長と絶妙コンビネーション

「産経WEST」のランキング