産経WEST

大阪府・市のIR推進会議に関西財界参加へ 慎重派の大商も「会員の意見伝えたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府・市のIR推進会議に関西財界参加へ 慎重派の大商も「会員の意見伝えたい」

 大商の尾崎裕会頭(大阪ガス会長)は5者懇終了後、報道陣に「IRにはいろいろな意見があり、それらを集約して(誘致を)どうするか決めていくことになる。推進会議に参加することで、(会員の)意見を伝えたい」と語った。

 関経連の森詳介会長(関西電力相談役)は「IRを推進する必要な施策のとりまとめに貢献したい」、同友会の蔭山秀一代表幹事(三井住友銀行副会長)は「今まで同友会で集積してきた知見を提案していきたい」と意欲を示した。

 また、同じ夢洲に大阪府が誘致を目指す2025(平成37)年国際博覧会(万博)をめぐり、5者懇では「(すでに立候補している)パリに勝つことがまず最大の目標」(関経連の森会長)との認識で、地元での機運醸成を官民一丸で進めることで一致した。万博は5月までに政府が閣議了解し、博覧会国際事務局(BIE)に立候補を届け出る。

「産経WEST」のランキング