産経WEST

【大雪・動画】自衛隊、智頭で130台救出作業開始…立ち往生18時間以上、米子道は解消

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大雪・動画】
自衛隊、智頭で130台救出作業開始…立ち往生18時間以上、米子道は解消

市街地で雪の影響で発生した渋滞=24日午前10時6分、鳥取県智頭町 (本社ヘリから、安元雄太撮影) 市街地で雪の影響で発生した渋滞=24日午前10時6分、鳥取県智頭町 (本社ヘリから、安元雄太撮影)

 大雪の影響で、鳥取、岡山両県を結ぶ米子自動車道で23日午後から60台以上が動けなくなったが、24日午前に解消した。立ち往生は18時間以上続いた。鳥取県内では24日早朝の時点で、智頭町の国道373号で約200台、智頭町の鳥取自動車道で約130台が立ち往生。同県の平井伸治知事は午前4時すぎに自衛隊に災害派遣を要請。県などによると、人命救助や物資の搬送に当たる約70人のうち一部部隊が、智頭町で立ち往生した車の救出作業を始めた。

智頭で97センチ、大山町で220センチ

 県や国土交通省、西日本高速道路によると、一時300台以上が立ち往生し、車両の移動や除雪作業を急いだ。気象庁は24日夕まで大雪への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、鳥取県では24日午前11時現在、智頭町で97センチ、大山町で220センチの積雪を観測した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自衛隊、智頭で130台救出作業開始…立ち往生18時間以上、米子道は解消
  • 自衛隊、智頭で130台救出作業開始…立ち往生18時間以上、米子道は解消
  • 自衛隊、智頭で130台救出作業開始…立ち往生18時間以上、米子道は解消

「産経WEST」のランキング