産経WEST

【エンタメよもやま話】食品小売業91兆円を丸飲み「アマゾン・ゴー」 店ごと無人、レジ打ち350万人も消える…米国に衝撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
食品小売業91兆円を丸飲み「アマゾン・ゴー」 店ごと無人、レジ打ち350万人も消える…米国に衝撃

驚異の無人食料品店「アマゾン・ゴー」の登場について報じる昨年12月6日付米経済誌フォーチュン電子版 驚異の無人食料品店「アマゾン・ゴー」の登場について報じる昨年12月6日付米経済誌フォーチュン電子版

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は久々となるIT(情報技術)&小売業に関するお話です。

 米ネット通販大手のアマゾン・ドットコム(本社・西海岸ワシントン州シアトル)といえば、過去の本コラムでもドローンによる宅配計画やリアル書店の大量出店といった挑戦的な取り組みの数々をご紹介いたしましたが、今回の本コラムでは、さらに進んだ取り組みの数々と、その影響をモロかぶりしている米の小売業界の現状などについてご説明いたします。

■「ポケモンGO」より衝撃GO…自動運転AI技術を応用・発展、そして

 既にご存じの方も多いと思いますが、米アマゾンが今月はじめ、とんでもないお店を本社があるシアトルにオープンさせたのです。

 そのお店は、店員がひとりもいないのに、ちゃんと買い物ができる食料品店「アマゾン・ゴー」です。

 昨年12月5日付で地元の米シアトル・タイムズ(電子版)をはじめ、欧米の主要メディアがアマゾン側の発表を受け、一斉に報じたのですが、このお店、まず、専用のアプリ(ソフト)をダウンロードしたスマートフォン(高機能携帯電話)を、駅の改札のような入り口のセンサーにかざし、後は店内で自分が欲しい商品を棚から選び、持参したかばんなどに入れ、店を出るだけでOK。精算も自動的に済んでいるというのです…。

 広さ約167平方メートルの店内はジュースやパック入りの野菜、サラダ類といった商品がカテゴリーごとに陳列されており、一見すると、ごく普通の食料品店と同じです。

 ところがこのお店、複数のカメラや画像認証センサーと最新型のAI(人工知能)やアルゴリズム(コンピューターを使って特定の目的を達成するための処理手順)技術を組み合わせ、顧客の行動を監視・分析するのです。わかりやすく言えば、顧客が手に取り、かばんに入れた商品や、いったん手に取ったものの、気が変わって棚に戻した商品を正確に認識するわけです。

 そして、顧客がかばんに入れた商品、すなわち購入した商品の情報はアプリ内の仮想カートに記録され、アマゾンのアカウントを通じて自動的に課金され、アプリにレシートが送られるという仕組みです。

■まさに百聞は一見に…衝撃の動画が示す現実

 百聞は一見にしかず。アマゾンが公表した動画を見ていただければ、そのすごさが分かっていただけると思います。

https://www.amazon.com/b?node=16008589011

▼アマゾンが公表した「Amazon GO」動画( https://www.amazon.com/b?node=16008589011 外部サイト)

▼Youtubeで「Amazon GO」動画を閲覧する場合( https://www.youtube.com/watch?v=NrmMk1Myrxc 外部サイト)

 アマゾン側はこのお店について「レジ待ちの行列も、精算も必要ない世界で最も進んだショッピング・テクノロジーである」と紹介。現在、利用者はアマゾンの社員に限定されていますが、今年のはじめから、全米に本格展開する考えを表明しました。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング