産経WEST

世界三大珍獣、コビトカバの雄の赤ちゃん生まれる 国内26年ぶり 石川

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界三大珍獣、コビトカバの雄の赤ちゃん生まれる 国内26年ぶり 石川

コビトカバの雄の赤ちゃん=石川県能美市の「いしかわ動物園」(同園提供) コビトカバの雄の赤ちゃん=石川県能美市の「いしかわ動物園」(同園提供)

 石川県能美市の「いしかわ動物園」は23日、コビトカバの雄の赤ちゃんが昨年12月に誕生したと発表した。国内で雄が生まれたのは平成2(1990)年の東山動植物園(名古屋市)以来26年ぶり。今月25日から時間限定で一般公開する。

 コビトカバはジャイアントパンダやオカピと並んで世界三大珍獣とされる。野生では約3千頭しか生息しておらず、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種となっている。

 国内では5都府県で11頭が飼育されている。平成23(2011)年には上野動物園(東京)で雌が誕生した。

 園によると、6歳の母親が昨年12月23日に出産。現在は体長約50センチ、体重約11キロに成長し、母親と泳ぐ練習をしている。

 25日は午前11時から4時間公開。26日以降は午後2~4時に公開する。近く名前を公募する。担当者は「かわいらしい姿をぜひ見に来て」と話している。

このニュースの写真

  • 世界三大珍獣、コビトカバの雄の赤ちゃん生まれる 国内26年ぶり 石川

「産経WEST」のランキング