産経WEST

大雪警報のJR米原駅で架線切れ 東海道線ダイヤ乱れ、1万6千人に影響

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大雪警報のJR米原駅で架線切れ 東海道線ダイヤ乱れ、1万6千人に影響

スコップを手に雪かきに追われる鳥取県米子市のハンバーガー店の従業員。各地で大雪の影響が広がっている スコップを手に雪かきに追われる鳥取県米子市のハンバーガー店の従業員。各地で大雪の影響が広がっている

 23日午前6時5分ごろ、滋賀県米原市のJR東海道線米原駅の操車場で、架線が切れているのを駅員が見つけた。JR西日本によると、復旧作業のため東海道線は上下線計11本が運休、計13本が最大で31分遅れ、約1万6千人に影響した。

 彦根地方気象台によると、当時、米原市には大雪警報が出ていた。同社が架線切れの原因を調べている。

「産経WEST」のランキング