産経WEST

近畿・北陸に大雪…東海道・山陽新幹線に遅れ、列車運休や遅延相次ぐ 日本海側、24日にかけ警戒

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


近畿・北陸に大雪…東海道・山陽新幹線に遅れ、列車運休や遅延相次ぐ 日本海側、24日にかけ警戒

20センチの積雪を記録した松江市。松江城もすっぽり雪に包まれた=23日午前 20センチの積雪を記録した松江市。松江城もすっぽり雪に包まれた=23日午前

 気象庁は23日、冬型の気圧配置が強まる影響で、24日にかけて日本海側を中心に大雪になるとして警戒を呼び掛けた。交通障害や電線などへの着雪に注意が必要だ。

 気象庁によると、既に北陸や近畿などで大雪となっている所がある。23日朝までの24時間降雪量は、兵庫県香美町53センチ、新潟県津南町50センチ、山形県大蔵村44センチ。24日にかけて、列島の上空約5500メートルに氷点下33度以下の強い寒気が流れ込む。

 24日朝までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北陸80センチ、東北70センチ、近畿60センチ、関東甲信と中国地方50センチ、東海40センチ、北海道30センチ、四国と九州北部20センチ。

 この影響で、東海道新幹線や山陽新幹線で遅れが出るなどした。近畿地方で列車の運休や遅延が相次ぎ、福岡都市高速(福岡市など)は23日未明から全面通行止めとなった。

「産経WEST」のランキング