産経WEST

一畑で現役最古の「3000系」ラストラン、実は南海「ズームカー」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


一畑で現役最古の「3000系」ラストラン、実は南海「ズームカー」

ラストランに臨む3000系車両。“南海カラー”のヘッドマークを付けて走った=松江市中原町の一畑電車・松江しんじ湖温泉駅 ラストランに臨む3000系車両。“南海カラー”のヘッドマークを付けて走った=松江市中原町の一畑電車・松江しんじ湖温泉駅

 島根県東部のローカル鉄道「一畑電車」で22日、同社現役最古の3000系車両がラストラン。雲州平田駅(出雲市)で撮影会も開かれた=写真。

 かつて南海電鉄の「ズームカー」として活躍した人気車両を一畑が平成8年に購入し、翌年から運行。関西をはじめ全国のファンを魅了してきた。

 新車両の導入に伴い引退が決定。最後の車内アナウンスを務めた黒川好美さん(42)は「いつまでもみなさんの心の中で運行を続けてほしい」と話していた。

このニュースの写真

  • 一畑で現役最古の「3000系」ラストラン、実は南海「ズームカー」
  • 一畑で現役最古の「3000系」ラストラン、実は南海「ズームカー」

「産経WEST」のランキング