産経WEST

事故調査官派遣 鉄道ファン人気の紀州鉄道で脱線

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


事故調査官派遣 鉄道ファン人気の紀州鉄道で脱線

 22日午前11時ごろ、和歌山県御坊市湯川町の紀州鉄道の踏切付近で、御坊発西御坊行きの1両が脱線した。客5人と運転士にけがはなかった。運輸安全委員会は同日、原因調査のため鉄道事故調査官2人を現地へ派遣した。

 御坊署などによると、御坊駅から学門駅に向け、時速13~15キロで約500メートル進行したところ、運転士が踏切を通過後に揺れを感じ、ブレーキをかけて停止した。車両を確認すると、後方の車輪四つが脱輪していた。復旧のめどは立っていない。

 紀州鉄道はJR御坊駅-西御坊駅間の2・7キロを8分で結ぶ。ケーブルカーなどを除く旅客鉄道としては2・2キロの芝山鉄道(千葉県)に次いで全国で2番目に短く、鉄道ファンの間で根強い人気がある。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング