産経WEST

殺害の女子高生と逮捕の会社員は交際か 首にひもで絞められたような痕、殺意認める 愛知のホテル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


殺害の女子高生と逮捕の会社員は交際か 首にひもで絞められたような痕、殺意認める 愛知のホテル

 21日午後、愛知県武豊町のラブホテル客室で女子高生が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された同県大府市の会社員、上野太樹(たいき)容疑者(24)と女子高生は交際していたとみられることが分かった。愛知県警半田署が経緯を調べている。

 同署によると、殺害されたのは名古屋市天白区古川町、私立高校生、本多美月さん(18)。本多さんには首にひもで絞められたような痕があった。あおむけの状態で横たわっていた。20日夕に上野容疑者と2人でチェックインしたという。

 逮捕容疑は21日正午ごろ、ホテルの客室内で本多さんの首を絞めて窒息死させたとしている。「殺そうと思った」と容疑を認めている。

 関係者によると、上野容疑者は本多さんの自宅にたびたび出入りしていたが、別れ話でもめていたという。

 上野容疑者の同僚は取材に「最近は仕事を休みがちでみんなが心配していたが、きちんとあいさつができ、悪い印象はない」と驚いた様子で話した。

「産経WEST」のランキング