産経WEST

F35配備「同盟を強固に」 米海兵隊、岩国基地で式典

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


F35配備「同盟を強固に」 米海兵隊、岩国基地で式典

F35B戦闘機が到着し、関係者らによる式典が行われた=20日午後、山口県岩国市(彦野公太朗撮影) F35B戦闘機が到着し、関係者らによる式典が行われた=20日午後、山口県岩国市(彦野公太朗撮影)

 米海兵隊は20日、国外で初めてF35最新鋭ステルス戦闘機を配備した岩国基地(山口県岩国市)で記念式典を開き、在日米海兵隊を統括するニコルソン沖縄地域調整官(中将)が「最も進化した機体で、全てのパートナー国の不測の事態に対応し、地元の皆さんの協力で日米同盟を強固にできる」と強調した。

 米国はアジア重視戦略に基づき、FA18戦闘攻撃機、AV8ハリアー垂直離着陸機との交代で、1、8月に計16機のF35を岩国に配備する予定。今月18日に第1陣の2機が到着した。

 F35部隊を運用する第1海兵航空団のサンボーン司令官(少将)は、記者会見で岩国配備の意義を問われ「太平洋地域は海、島しょ部が多く、F35の遠征能力が生かされる」と説明した。

 式典後には、F35の機体とシミュレーターが報道陣に公開された。

このニュースの写真

  • F35配備「同盟を強固に」 米海兵隊、岩国基地で式典
  • F35配備「同盟を強固に」 米海兵隊、岩国基地で式典
  • F35配備「同盟を強固に」 米海兵隊、岩国基地で式典

「産経WEST」のランキング