産経WEST

【パーマ大佐「森のくまさん」差し止め請求】替え歌、パロディー…どこまでOK? 歌手vs作詞家トラブルも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【パーマ大佐「森のくまさん」差し止め請求】
替え歌、パロディー…どこまでOK? 歌手vs作詞家トラブルも

 パーマ大佐による「森のくまさん」の替え歌が収録されたCD  パーマ大佐による「森のくまさん」の替え歌が収録されたCD

 また沢田知可子さんのヒット曲「会いたい」の歌詞を無断で改変され、アルバムとして販売されたとして、作詞家が発売元に損害賠償を求めて提訴したこともある。

 数々の替え歌で知られるシンガーソングライターの嘉門達夫さんは「昔は著作権の意識がゆるかったが今は厳しい。作詞・作曲家には必ず許可を取っている」と強調。かつては「今から歌うから聞いてください」と電話越しにギターを鳴らし、許諾を得たこともあるという。

▼正しく歌わなきゃ著作権侵害!? パーマ大佐の「森のくまさん」パロディー曲、作詞家が販売差し止め請求

このニュースの写真

  • 替え歌、パロディー…どこまでOK? 歌手vs作詞家トラブルも
  • 替え歌、パロディー…どこまでOK? 歌手vs作詞家トラブルも

「産経WEST」のランキング