産経WEST

パーマ大佐の「森のくまさん」パロディー曲 作詞家が著作権侵害を主張、販売差し止め求める

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パーマ大佐の「森のくまさん」パロディー曲 作詞家が著作権侵害を主張、販売差し止め求める

ユーチューブでも人気の曲「森のくまさん パーマ大佐」。有名な歌詞に訳した作詞家が「無断で改変された」と、法的措置を取るとしている(YouTubeから) ユーチューブでも人気の曲「森のくまさん パーマ大佐」。有名な歌詞に訳した作詞家が「無断で改変された」と、法的措置を取るとしている(YouTubeから)

 馬場さん側は「著者の意に反して、改変を受けない」とする著作権法上の著作者人格権を侵害されたと主張。通知ではCD・DVDの販売中止に加え、インターネット上の動画の削除や慰謝料として300万円の支払いも求めた。三木弁護士によると、馬場さんは「自分の詞の情感とは全然違うものになっている」と話しているという。

 ユニバーサル社広報は「適正な手続きを踏み販売している」とコメント。太田プロ広報部は「手続きはレコード会社に委ねている」とした。

▼【解説】正しく歌わなきゃ著作権侵害!? 森のくまさん…“パロディー大御所”歌手・嘉門達夫さんの分析は…

▼【関連ニュース】「白い恋人」ならぬ「面白い恋人」…ナイキを「NAMAIKI(生意気)」…パロディー、悪質パクリか壮大なシャレか

「産経WEST」のランキング