産経WEST

【名古屋大元女子学生殺人】「特に言うことはない」劇物投与の殺意否定、弁護側「発達障害」と無罪主張で争う姿勢 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【名古屋大元女子学生殺人】
「特に言うことはない」劇物投与の殺意否定、弁護側「発達障害」と無罪主張で争う姿勢 名古屋地裁

名古屋大の元女子学生の初公判で、傍聴券抽選のため名古屋地裁前に並ぶ人たち=16日午前 名古屋大の元女子学生の初公判で、傍聴券抽選のため名古屋地裁前に並ぶ人たち=16日午前

 平成26年に名古屋市で女性が殺害され、24年に仙台市で高校生2人が劇物の硫酸タリウムを飲まされた事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた名古屋大の元女子学生(21)=退学=は16日、名古屋地裁(山田耕司裁判長)の裁判員裁判初公判で、殺人の起訴内容について「特に言うことはない」と述べ、劇物投与の殺意は否認した。弁護側は「犯行時、発達障害で善悪の判断能力がなかった」と無罪主張した。

 元女子学生は逮捕当時、未成年で、弁護側は少年法に違反するとして公訴棄却も求めた。

 捜査段階で「人を殺してみたかった」などと供述しており、弁護側は責任能力を争う。名古屋地検は精神鑑定の結果、刑事責任を問えると判断している。名古屋家裁から検察官送致(逆送)を受け起訴した。

 起訴状によると、19歳だった26年12月、名古屋市の自宅アパートで、宗教に勧誘されて知り合った無職森外茂子さん=当時(77)=を手おので殴りマフラーで首を絞めて殺害したほか、高校生だった24年5~7月、仙台市で中学の同級生だった女性(21)や高校で同じクラスだった男性(20)に飲み物に混ぜた硫酸タリウムを飲ませ、殺害しようとしたとしている。

「産経WEST」のランキング