産経WEST

8万羽の殺処分開始 岐阜の養鶏場で鳥インフル

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


8万羽の殺処分開始 岐阜の養鶏場で鳥インフル

 岐阜県は14日、同県山県市の養鶏場で「大量の鶏が死んでいる」と通報があり、簡易検査の結果、6羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。その後の遺伝子検査で高病原性のウイルスと判明、県は、この養鶏場で飼育している採卵用の鶏8万羽全ての殺処分を始めた。

 県によると、14日朝に100羽以上が死んでいるのが見つかった。同日午前8時半ごろ、養鶏場から県に通報があり、7羽を簡易検査した。遺伝子検査では高病原性鳥インフルエンザH5型と判明した。

 県は簡易検査の結果を受け、対策本部の会議を開き、対応を協議。この養鶏場に鶏舎の消毒や卵の出荷停止を指示した。また、半径3キロ圏の4農場に鶏や卵などを農場の外に運び出すことを禁じ、半径3~10キロ圏内の12農場には圏外への持ち出しを禁じた。

 山本有二農相は14日、岐阜県で鳥インフルエンザの疑い事例が発生したことを受けて開いた対策本部で「現地では積雪や冷え込みの影響も考えられる。円滑な防疫作業が実施されるよう、一層気を引き締めて対応してほしい」と指示した。

「産経WEST」のランキング