産経WEST

「センター試験」4年後刷新…中学校では早くも「英語スピーキング」の授業も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「センター試験」4年後刷新…中学校では早くも「英語スピーキング」の授業も

音声認識のデジタル教材を使った授業で英語のスピーキング力向上に臨む生徒ら=大阪市天王寺区の明星中学校 音声認識のデジタル教材を使った授業で英語のスピーキング力向上に臨む生徒ら=大阪市天王寺区の明星中学校

 14、15両日に大学入試センター試験が実施されるが、大学入試をめぐっては平成32年度から、新しい仕組みのテスト(仮称=大学入学希望者学力評価テスト)が導入される。特に英語はスピーキング(話す)能力などを評価する方式に改められる。“4年後”を見据え、最新のデジタル教材を活用した授業に取り組む中学校が現れたり、英語検定がスピーキング能力を問う試験を拡大したりと、対策は早くも熱を帯びている。

発音認識し表示

 昨年12月中旬、私立明星(めいせい)中学校(大阪市天王寺区)の2年生のクラスで、音声認識ソフトを使った英語の授業が行われていた。生徒の一人、裘正禄(きゅうしょうろく)さん(14)がパソコンにつながれたマイクに向かって英文を読み上げると、発音どおりの言葉がリアルタイムで画面に表示された。

 「This building was destroyed in 9045…」(この建物は9045年に破壊された)

 広島市の原爆ドームに関する会話で「1945年」と読み上げたつもりだったが、「19」の部分は発音が似ている「90」と認識されてしまった。裘さんは「難しい。もっとうまくしゃべりたい」と悔しがった。

 新テストは、大学入試センター試験を知識偏重から思考力重視へと転換するため32年度から導入される。現在の中2はその際に高校3年生で、新テストの受験第1期生となる。

 中高一貫の同校では、新テストの詳細な制度設計に先駆けて、今年度から中2の英語授業で複数のデジタル教材を独自に取り入れた。民間の検定・資格試験を活用する形で新テストに加わる「話す・書く」技能の向上を目指すのが狙いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「センター試験」4年後刷新…中学校では早くも「英語スピーキング」の授業も

「産経WEST」のランキング