産経WEST

万博誘致へ「OSAKA」アピールするピンバッジ作製…著作権などにも配慮

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


万博誘致へ「OSAKA」アピールするピンバッジ作製…著作権などにも配慮

大阪府などが万博誘致に向けて作成したピンバッジ(府提供) 大阪府などが万博誘致に向けて作成したピンバッジ(府提供)

 2025年国際博覧会(万博)誘致を目指す大阪府などが、政府要人の外遊時に活用してもらうため、大阪をPRするピンバッジを作製した。正式なPRグッズは公式ロゴマークが完成してから作製する予定だが、少しでも早く世界に「OSAKA」を売り込んでもらおうと、急遽(きゅうきょ)準備。東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムをめぐる騒動を踏まえ、著作権などに配慮したデザインとなった。

 ピンバッジは、直径2・2センチの円形で、府と大阪市、経済界などで作る大阪観光局が昨年考案したロゴマークを活用。金色の「OSAKA」の文字と大阪城をモチーフに、背景に光線を描いたデザインで、万博誘致をPRする「EXPO 2025」などの文字をあしらった。

 万博の開催地は、博覧会国際事務局(BIE)に加盟する約170カ国の投票で決まる。このため、府などは年明けの外遊の際、相手方に渡すなどしてPRしてもらおうと、経済産業省の要請を受けて昨年末に300個を作製。同省を通じて関係省庁に配布した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング