産経WEST

【関西の議論】「撤回せよ!」命名権導入に市民団体が大反発 歴史ある京都市美術館が「京都市京セラ美術館」に…50億円白紙も!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「撤回せよ!」命名権導入に市民団体が大反発 歴史ある京都市美術館が「京都市京セラ美術館」に…50億円白紙も!?

再整備後の京都市美術館のイメージ図(京都市提供) 再整備後の京都市美術館のイメージ図(京都市提供)

 京都市美術館(左京区)の総称が「京都市京セラ美術館」となる。市が美術館の再整備費用の半分を賄うため導入した命名権(ネーミングライツ)で、昨年10月に京セラ(同市伏見区)が50億円(税別)で契約候補者となったためだ。だが、命名権をめぐっては、市民団体などが「市民を無視した導入手続きに問題がある」などと撤回を求めている。命名権を得た京セラにとっては市民の反対が広がれば広がるほど、株主の理解を得られないということにもなる。もしそうなれば、契約の白紙撤回も検討せざるを得ない状況になる恐れがあり、事態の推移が注目される。

老朽化で空調故障、展覧会が一時休止

 京都市美術館は、昭和8年に建設。昭和天皇の即位の大典を記念した「大礼記念京都美術館」と名付けられ、日本で2番目に古い大規模公立美術館だ。

 それだけに老朽化も著しく、昨年7月には、展示室内の湿度を制御する2台の空調装置のうち1台が故障。展示作品の保護のため展覧会が一時休止になるなど、再整備は喫緊の課題になっている。

 市では昨年6月、本館の外観はそのままに内装を全面的に改修することで、耐震性能の向上や空調・照明設備の全面的更新などを行い、抜本的な展示機能の強化を図るという再整備についての基本設計をまとめた。概算工事費は約100億円で、その半分を賄うために命名権の導入を決めた。

 これに唯一、手を挙げたのが京セラだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「撤回せよ!」命名権導入に市民団体が大反発 歴史ある京都市美術館が「京都市京セラ美術館」に…50億円白紙も!?
  • 「撤回せよ!」命名権導入に市民団体が大反発 歴史ある京都市美術館が「京都市京セラ美術館」に…50億円白紙も!?
  • 「撤回せよ!」命名権導入に市民団体が大反発 歴史ある京都市美術館が「京都市京セラ美術館」に…50億円白紙も!?
  • 「撤回せよ!」命名権導入に市民団体が大反発 歴史ある京都市美術館が「京都市京セラ美術館」に…50億円白紙も!?

「産経WEST」のランキング