産経WEST

豊田自動織機元社長、豊田芳年氏が死去 トヨタグループの創始者のおい

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


豊田自動織機元社長、豊田芳年氏が死去 トヨタグループの創始者のおい

 豊田芳年氏  豊田芳年氏

 豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)の元社長で、中部経済連合会の会長を務めた豊田芳年(とよだ・よしとし)氏が8日午後1時20分、心不全のため愛知県刈谷市の病院で死去した。91歳。愛知県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は息子、晋(すすむ)氏。後日お別れの会を開く。

 トヨタ自動車グループの創始者である故豊田佐吉氏のおいに当たる。1955年に豊田自動織機製作所に入社し、78年に社長に就任。93年に会長となり、99年から名誉会長に就いていた。

 2004~07年には、トヨタグループ出身者で初めて中経連の会長を務めた。05年の愛知万博の開催や中部空港の開港に尽力し、国内外に対して「中部地方の顔」の役割を果たした。

「産経WEST」のランキング